ちとと踊ろう

アクセスカウンタ

zoom RSS 【萩・幕末ロマン】

<<   作成日時 : 2017/04/22 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

山口県萩市へお出掛け。
今回は明治日本の産業革命遺産を巡る旅。

私、幕末〜明治とかよく分かんなくて、
吉田松陰とか高杉晋作とか名前だけで、
何した人とか全然知らなかったので、
今回は予習してから行きました。

道の駅萩往還。
幕末の志士たちも往来したとか!

前回軽く流しただけの松陰記念館や
松下村塾の塾生達の銅像も、
今回はじっくり見ました。
歴史的背景を理解していると、とってもおもしろい!

前回買ってとってもおいしかった、
夏みかんマーマレード買いました。
(瓶の方、缶は初)
画像



世界遺産、松下村塾。
吉田松陰が指導した塾生から、
たくさんの幕末〜明治の偉人たちを輩出しました。

でも作ったのは玉木文之進。
吉田松陰も元塾生。
身分の違いに関わらず、塾生を受け入れたそうです。
画像



左上は松下村塾。
他は松陰神社。
画像



お昼ご飯は道の駅萩しーまーとのレストラン来萩にて、
来萩定食1880円+あら汁に変更300円。
お刺身・のどぐろの煮付け・天ぷらなど
色々食べれておいしかったー^^
画像



世界遺産、萩反射炉。

反射炉っていうのは鉄を溶かす金属溶解炉で、
黒船来航以降、外国の船がたくさん来るようになってから
海防強化の為に、大きな大砲を作らなくてはならず、
日本の鋳造技術では無理だったので、
この外国式の反射炉を作ったわけですね。

現存する反射炉はここと韮山だけだそーです。
韮山反射炉は実際に稼働していたそうですが、
萩反射炉は試験炉であり、
実用炉は作られなかったという説が有力だそーです。

モノの写真撮ったあとにわんちゃんを抱っこしようとしたら
すごい顔でおなか出してました。なんで?w
画像



こちらも世界遺産、恵美須ヶ鼻造船所跡。

江戸幕府は大名統制の為に大船建造禁止令を出していましたが、
黒船来航により解禁され、
萩藩に軍艦の建造を命じたそうです。

実際に2隻の洋式木造帆船が作られたそーです。
画像



河添河川公園を歩いて〜
画像



鍵曲(かいまがり)の道を歩きました。
夏みかんがたくさん実ってました〜

最後に城下町で夏ミカンソフト食べて終了〜
夏みかんを干しただけの入浴剤50円。
モノわん、武士(の格好したガイドさん)にナデナデされました^^

ちなみに城下町も世界遺産。
画像



今日行ったとこ、全部車で10分以内。

萩と言えば、城下町、焼き物、小京都、
くらいにしか思ってなかったけど、
幕末、維新胎動のロマンあふれる街ですね〜

たまらん!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【萩・幕末ロマン】 ちとと踊ろう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる